太るサプリを飲んで太った体を細くする

はじめまして。これは私が高校時代に体験してびっくりした事を書かせてもらいます。
私が高校生の頃は時間もあったことから色々なバイトをしていました。掛け持ちもしており稼ぐことに必死でした。LoukoumのCupcakeも太りたい方にはおすすめですよ!

スーパーや短期の現場作業、引越しのお仕事などやってました。
短期のバイトも終わり、稼ぎたらなかった私は地元にお弁当屋さんがあって友達がそこでバイトをしていたので私もお弁当屋さんでバイトをしてみようかなと思い、バイトで入らせてもらいました。
お弁当屋なので料理を作るのがメインです。料理は元々好きだったのですごく楽しかったです。
お昼などまたいで働くときにはまかないが出ました。これが悪夢の始まりでした。
まかないは基本、メニューにあるものどれを食べても大丈夫でした。店長も優しく好きなだけ食べなさいと言ってくれました。
私も高校生の頃なのでそりゃあこれを言われたからには好きなものを好きなだけ食べました。お昼のまかないはいつも大量に食べていました。

カツ丼、唐揚げ、生姜焼き、など一度にメニュー3つ分ほどは食べていました。今思えばこんなに食べれていたのにびっくりですが・・・
これを出勤する日毎回繰り返していれば考えなくても誰でもわかりますよね。太るということが。。
ただ、私は細身で食べても食べても太らない体質でした。なので筋肉をつけようにもつけれず、悩んでいることが多かったです。
しかし、食べ始めて最初は少し肉がついてきたなと思う程度でいいくらいの体型になってきてるんじゃないかなぁと思っていました。この調子で食べ続けて筋肉体型にしてやる!!と思いながら何も考えずに大量に食べていました。
その生活を始めて1ヶ月半程経ったとき、たまたま家で体重計に乗ってみました。すると・・

なんと10キロ以上太ってしまってました。少しは体重増やしたかった思いもあったのですが10キロ以上増えたとなれば話は別です。
即、鏡の前に行って自分の体型を見ました。言葉が出ませんでした。。。
お腹の肉は掴めるほどついており、しかも筋肉がないのでブヨっとしていました。
流石にこれはやばいっ!!と焦りを感じて食生活を改善して運動量も増やしました。体型を良くすることと太ることは違うんだなと思いました・・
学生の頃だったので体型はある程度戻せましたが年を重ねるにつれて戻すことも難しくなるんだろうなぁと少し実感しました。

でも、この件のおかげで私は今は食生活に気を使ってバランスの良い食事を心がけれるようになりました。

私は若いころはあまり太らない体質で、太って悩むということがありませんでした。食べることは好きなのですが、なぜか太らず、友人たちとご飯を食べに行ってもいつもよく食べるのに全然太らないね、と言われていました。出産後は特にダイエットをしていたわけではないのですが、体重は妊娠前にまですぐ戻り、母乳がたくさん出始めて、ミルクを足さなくて良くなったぐらいからは、常にお腹が空いていて、一日6食ぐらい食べていても全く太りませんでした。逆に育児に忙しくて食べる時間がない時などは痩せていってしまうので、意識して食べることを心がけていたぐらいでした。

ところが、子どもが1歳半を過ぎて離乳食で栄養をとれるようになり、断乳をした途端、食べた分は食べた分だけ太るようになってしまいました。最初は気づかず、断乳後も食べたいだけご飯を食べ、もともと甘いものが好きなので、子どものお昼寝中にスイーツを楽しみ、断乳したのでお酒を再開し、食べること、飲むことを満喫していました。家事と育児に忙しいため、こまめに体重計に乗って自分の体を管理することなどは全く頭になく、数か月後、なんだか全部の服がキツイ気がすると思い、自分が一気に太ったことがわかりました。体重計に乗ってみると、8キロほど太っていて、びっくりしてしまいました。

産後はきちんとした服装をする機会も少なく、家で過ごすことが多かったので、普段はウエストゴムの楽なパンツなどをはいて過ごしていたのですが、家にあるデニムやチノパン、スカートなどをはいてみたところ、見事に全部きつくて履いていられない状態ということがわかりました。今まで太って服が入らなくなるような経験はあまりしたことがなかったので、びっくりしてあせりました。このままだとボトムスの服は全部買い替えないといけないけれども、子どもにもお金がかかるので、これからは自分のファッションにはそんなにお金はかけられないと思い、以前の服が着られるようになるまでダイエットすることを決意しました。

友人は太るサプリを飲んで太ることが出来ていたので羨ましいと思っていたつけが回って来たのかもしれませんね。

太りたいという方には太るサプリはまさに絶好の栄養補助食品といって間違いありません。

太るサプリのサイトには下記の様に注意喚起がなされています。

ずばり、太るサプリを選ぶ基準は3つです。

①しっかりと成分が配合されていて効果が見込めること

②国内で製造されていて衛星面でも安心出来ること

③飲み続けられる味・値段であること

以上の3点です。

簡単に言うと、安心できるメーカーが販売していてしっかりと効果が見込める成分が配合されている金銭的にも飲み続けられる太るサプリを選べばよい。

という事になります。
出典元:太るサプリランキング〜管理栄養士が伝授する太りたい方必見の方法

この3つのポイントを満たしている事を大前提に太るサプリを選べばまず間違いはありません。

太るサプリを飲み始めたいと考えている方は参考にするのが良いでしょう。

とはいえ、もともと食べることが大好きで、産後は自由に出歩けないので食べることを楽しみに日々を過ごしていたため、ダイエットは精神的につらかったです。今までお腹が空いたら時間も気にせず食べていましたが、一日3食、スイーツは1つだけ、と決めることにしました。お腹がすくとイライラしてしまい、なかなか順調なダイエットとはいきませんが、なんとか以前の体重に戻したいとがんばっています。

私はその昔、タバコを吸っていた頃は痩せ気味と言われるくらいに痩せていたのですが、タバコをやめてから1年、2年と経過していく度にどんどん体重が増加していきました。ストレスによる過食や甘いものを食べ過ぎたことで、わずか3年ほどで一気に15キロ以上も太ってしまいました。以前、タバコを吸っていた頃は何かを食べることよりもタバコを吸うことを優先していたくらいだったので、健康診断でも痩せ気味と診断されるくらいの体重でした。

ですが、タバコをやめた途端、気分転換することが出来ないストレスによる過食が始まり、口寂しさや今までのタバコを吸うために使っていた時間を埋めるために飴玉やお菓子など甘いものを間食するようになってしまいました。そんなストレスによる過食によって、自分でも信じられないくらいに食べてしまい、翌年の健康診断ではもう少し運動をして体重の調整をしましょうと診断されてしまいました。健康面を考えて禁煙をしたのに太ってしまったことによって逆に健康に悪くなってしまうと言う皮肉な結果となってしまいました。

そこで痩せるためにと運動を始めてみましたが、その運動をすることによる疲労とストレスから過食が更に加速し、痩せるどころか更に太ってしまう状態となってしまいました。そのため運動は疲労とストレスが酷く続けることが困難だと思いましたので断念することにしました。そこで今度は食事制限をすることで体重を減らそうとお昼は普通に食べて夜は軽く済ませると言う形にして、無理なく食事制限をして痩せようと試みました。ですが、夜の食事が軽すぎるためストレスから間食が多くなってしまい、これもまた痩せるどころか更に太る結果になってしまいました。そんな毎日を過ごしていたため次の健康診断ではとうとう太り気味と診断される結果となってしまい、気ばかり焦る状態で余計にストレスの元になってしまいました。そこで今度は食事は普通に食べてカロリー調整に効く薬を飲むことで痩せてみようと試してみることにしました。

そうしたところ、その翌年の健康診断では体重が1キロ減っていました。およそ1年も掛けてたったの1キロ減った程度でしたが、このまま太り続けるよりは少しでも体重が減ってくれたので本当に良かったと思いました。ただ、ストレスによる過食や間食が未だにあるので、今はまだ大丈夫だとしても翌年にはまた体重が増えているかも知れないと思うとあまり喜べない状況には変わりありません。そのため先ずはいかにしてストレスを解消出来るかと言うことを心掛けて、食べることでストレス解消すると言うのはやめるようにしたいと思います。健康のためにタバコをやめたのにストレスによって太ることで不健康になってしまっていては意味がないので、これからは無理して痩せることよりも何か良いストレスの解消方法を見つけることで、これ以上は太らないようにしていきたいと思っています。

太りたい人は太るサプリ。痩せたい人はダイエットサプリで間違いありません。

若い時は余り太り難い体質だったような気がします。何もしなくてもどんどん痩せて行った感じです。

食べたい物を食べてぐうたらしていたのにまったく問題無くスタイルを維持出来ていました。なので特に運動も食事制限もした事はありませんでした。

それが今となっては体重は増える一方です。気が付いたら全く食べていなくても体重が増えている感じです。

ですので、ダイエットの難易度もかなり上がっています。

若い時にダイエットをしてこなかったせいでその方法もあまり分からず、雑誌を参考に色々やってはいるんですが、自分に合ったダイエット方法は全く見つかっていません。

こんな事なら若い時に多少ダイエットを経験しておくんだったと嘆いています。もちろん若い時はダイエットしないですんだのでそれはそれで得もあったんですが、どっちかというと年を取ってからのダイエットの方が大変なので今痩せやすい体質になって欲しかったです。

最近はダイエット食を食べたり、ダイエットに良いというドリンクを飲んだり、ダイエットサプリを飲んだりしています。

なんですが、私には全く効果がありません。驚いた事にそれどころか体重は増えていたりします。

ダイエットの為のものなのに、体重が増える意味が全く分かりません。

さすがに体重が激増という事は無いんですが、一か月毎にちょっとずつ体重が増えています。

三食全てダイエット食とかにしなければああいうのって意味が無いんでしょうか?一応今は朝と昼をダイエット食かダイエットドリンク、夜は普通に食事をしますがダイエットサプリを飲んでいます。

普通に考えたらこれだけやったら痩せると思うのですが・・・何故か痩せないんですよね。

体重が減らないばかりか、最近では肌や髪の毛への影響も出てきました。

肌のトーンが一段下がった気がしますし、顎の周辺にニキビが出来やすくなっていたり、髪の毛がパサつく事が多くなって来たりしています。踏んだり蹴ったりの状態ですよね。

しかし、私はまだ諦めたりしていません。こうなったら意地でも痩せてみせると決心しました。

ただ、食事量を減らすのはやってみたら案外辛いので運動をしようと思います。

運動なら痩せられるうえに肌荒れなんかも改善しそうなので、頑張ってしばらくやってみようと思います。問題は何の運動をするかですね。

辛すぎると途中でへこたれてしまうかも知れませんので、なるべく長く続きそうな運動にしたいと思っています。

出来れば室内で出来る運動がベストかなと思っているんですが、そんな運動を今のところ見つけられてはいません。

20代の時は寝る前に暴飲暴食をしてもまったく体重が増えなかった。

若い頃から比較的痩せている体型であったので、太った経験がなく、真面目にどうやったら太るんだろうと疑問に思ったものです。しかし就職して事務方に付いたこともあるせいか、30歳を目前にある変化が出てきました。それは、スーツのベルトとお腹周りに異変が出てきたのです。

朝出社していつものように朝の準備をして椅子に座ると何か違和感を感じるのです。いわゆるベルトに肉が乗る感じ。

まだ、初期段階だったのでそこまで気にしなかったのですが、人生で初めての経験であったため割と焦りを感じました。その時から少しづつカロリーや食生活を改善しようと心がけるようになりました。

違和感を感じた時点で入社時から15%ほど体重が増えていました。

毎年の健康診断でも少し太ったかなと少し気にし始めてはいたんですが、一気に太った感じでした。さすがにヤバイと思い、毎日規則正しい食事と間食の禁止を実施しました。

さらに行き帰りのバスを使わず全て徒歩にしました。努力の甲斐あって翌年の健康診断では5%ほど体重が落ちていました。

しかし、ここからさらなる難題が。それは部署異動!異動になった部署は不規則な勤務体系の部署で有名です。

当然出社時間がから帰りの時間や昼食時間も不規則な生活がに。さらに接待なども増えて食事時間はもはや崩壊になりました。

しかし、行き帰りの徒歩は実行し、また部署柄近隣への訪問も増えて徒歩の時間もは増えているはずなのですが。

さらに翌年の体重はなんと10%増加!30歳も超えてたし、諦めも少し出てきました。でも一度痩せたからなんとか戻したいと思い、痩せた時のことを思い返してみました。行き帰りの歩きは当然した方がいいのですが、やはり食事の時間がネックなんだと思いました。

そして特に重要なのが朝ごはんなんだと気がつきました。朝ごはんを食べないことが増えたことが原因ではないかと思いました。

なぜ朝ごはんなのかと言いますと。恐らく次のパターンになっているのです。

1)朝ごはん食べない→早い昼→間が空いて晩御飯ドカ食い。結局のところ一回の食事量を適正にするだけで人間は上手にカロリーを消費するように出来ているのではないでしょうか。

いくら運動量が増えてもカロリーの摂取量が多ければ意味がないですし、一般人の運動量なんてたかが知れてるので。3度の食事量と最低限(行き帰りの徒歩)そして基本になる朝ごはんを摂取することで、生活がリズムが落ち着き現在は入社時から10%増加くらいまで戻ることが出来ました。

これからも不規則な食事時間などは量で調節しつつ、基本の朝ごはんを徹底していきます。